求人と出向と施設について

出向とは、例えば幹部候補生の合格試験に受かった社員が、地方にいる場合には、本社や支社が東京や別の場所にある場合、出向として、それらの施設に行き、そこで仕事を行うことです。

出向は、それまでいた部署などから離れ、上記のように幹部候補生などのエリートコースに乗った場合には、出向として、新たな勤務先の東京などの施設や、幹部候補生を育てるための施設に仕事を行いに、行くことを言います。

よく、社内の求人などで、企画部門の求人などがあるケースがあり、それらの求人の掲示を見た、会社の人が、応募を行い、見事、難関な試験に突破した人だけが、上記のように出向として、別の都道府県や地域に行くことになります。

ただ、出向にも、別の意味があり、上記のようなエリート街道…のような意味だけでなく、例えば、保育園や幼稚園の先生方や保護者会の方々、園長先生などから依頼があった場合に、歌の仕事をしている方や、舞台などの仕事をしている方々を、依頼をお願いして、出向してもらい、例えば上記のような保育園や幼稚園にて、舞台や歌を披露してもらうことも、出向といいます。

その場合、支払われるお金は、その舞台や歌の仕事をしている会社が受け取り、後に給与として支払われる方式となっています。

施設などに行くことから、交通費などが、依頼主から出されるケースもありますが、場合によっては、舞台や歌の金額だけ…など、条件は相手の方との交渉となり、また金額についても50万円から…など、有名な歌い手さんや舞台の方になればなるほど、かなりの高額となっていきます。

特に、テレビに出ている歌の専門の方などは、有名人でもあるため依頼が多いことから、高額な依頼費用がかかるようになっています。